定価850,000円のレンズ

で月を撮ってみました

K20D + M★67 400mmF4ED[IF] [400mm 1/500 ISO800]
M★67 400mmF4ED[IF]で撮った月

高いだけあってなかなかの写りですが
薄雲がかかってたのでもう少し追い込めそうかな

レンズは smc PENTAX-M★67 400mmF4ED[IF] です

このレンズは中判カメラ用で発売年は1981年頃
非常に古いレンズで製造は終わったみたいですがカタログ落ちはしていないので今でも新品で売ってます
値段はマップカメラで682,000円
当然、私は中古で買いましたけど。。。

レンズの特徴ですが古いのにインナーフォーカスを採用してます
IFの利点はフォーカス時にレンズが伸びない事です
このため三脚にセットした状態でフォーカスしてもバランスを崩す事が無い
撮影にはジンバル雲台を使うためレンズの全長が変わらないというのは非常にありがたいですね

ジンバル雲台

そうそう、フォーカスはもちマニュアルフォーカス
ピント合わせは普通にヘリコイドを回してあわせるのですが結構快適
通常のMFレンズのようなネチョって感じではなく
AFレンズをMFで使うような感じなんですがスカスカじゃないので良いです
回転角も300度位あるのでピントを追い込むのもラクチンです

難点は少々重くて重量3700グラムってところですね
根性入れれば手持ちでも撮る事は出来きるレベルかな
まあ中にはこれにテレコン噛まして手持ちで撮影しているって人がいますけど
私はマゾじゃないので文明の利器である三脚を使います(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://ice-tomato.com/archives/689/trackback