研ぎに嵌る

新たな趣味を見つけました!
それは、包丁研ぎです♪

一応前から包丁は研いではいたのですけど
切れなくなって仕方無しに砥ぐみたいな感じでしたが

ブロ友のdelphianさんが楽しそ~に研いでいたので
私もっと思い真剣に研いでみることに。。。

そしたらね

超楽しい!!!

最初は角度が安定しないし指まで研いで流血したり色々なことが
起きましたが慣れてくると綺麗に研げるようになりました
なにより日々上達していく事を実感できるのは気分が良いですね

扉の写真は荒研ぎが終わった写真なんですが
写真の包丁は切れなくて捨てようと思っていた包丁
最初は切れてたんですけどね、だんだん切れなくなってきて
研いでみても今ひとつだったのですが

原因は至極単純で

単に砥ぐ技術が足りなかっただけ(;´Д`)

これは中砥ぎが終わった時の写真
研いでいると包丁が削れて黒いの(砥糞と言います)が出てきますが
これは洗い流さないで研いだほうが良いんです
(でも流したほうが良いという人も居ます)

砥石は1箇所を使うのではなく上から下まで満遍なく使います
シューーーー、シューーーー、シューーーーって感じかな

次は仕上げ砥石で同じように研いでから
少し包丁を立てて研いで小刃を付け
最後に革砥で仕上げたら研ぎ終了です

刃から3ミリ位が輝いているでしょ
切れ味も新品時よりも切れる様になっているんですよ
繊維を潰さないから玉ねぎ切っても目に染みないし鶏肉もスパスパ
切れる包丁で料理をすると気持ちいいし砥ぐのも楽しいし

まさに一石二鳥!

まあ、こうなるのに試行錯誤を繰り返し何回も研ぎ直したんですけどね
何回も何回も研いでいるうちにある時何かが変わる瞬間がありましたよ

覚醒?悟り?確変?

何かわかんないけど身につけた技術は裏切らないってヤツですかね

とにかく超気持ちが良い!
これは間違いないです

今、「あなたの趣味は?」っと聞かれたら
きっと「包丁研ぎ!!」って答える自信があります(^^

スポンサーリンク

フォローする