照準器

超望遠で使う便利なアイテム

マルチドットType-S 照準器

KYOEI マルチドットType-S 照準器

この照準器は以前買っておいたもので、カメラのホットシューに乗せるタイプです

使い方は簡単で、まず照準器のターゲットマークに被写体を捉え
その状態でカメラのファインダーを覗きフォーカスを合わせます

K-5IIs + DA★300mmF4ED[IF]SDM [300mm 1/350 F4 ISO0 ]
シジュウカラ
こんな風に枝だらけの中の被写体や背景が空とかで目印になる物が無い状況でも
楽に被写体をファインダーに収める事が出来ます

見え方はこんな感じで目の焦点を遠くに合わせるとターゲットがハッキリ見えます
マルチドットType-S 照準器

欠点は三脚が無いと厳しい事かな
AFレンズなら照準器だけ使いノーファインダーで撮ることも出来ますけど
MFやFAFアダプターを半AFなどで撮るとなるとファインダーを見ないと撮るのが難しい
更に手持ちだと照準器からカメラのファインダーに移る間に折角捉えた被写体がファインダーからロストしやすいですw

でも三脚って持って歩くのが億劫なんですよね
そこで手持ちで使えないか考えてみました

“照準器” の続きを読む

あ!!!

っと思って咄嗟に構えAFで狙ったらピントが合わない
さらに強引にシャッターを切ってみるとやっぱりボケボケ写真(苦笑)
よくある事です

K20D + DA★300mmF4ED[IF]SDM [300mm 1/1000 F5.6 ISO800]
ボケボケ1

数回AFを試すも同じ所を行ったり来たりでダーメダーメ

K20D + DA★300mmF4ED[IF]SDM [300mm 1/1000 F5.6 ISO800]
ボケボケ2

まあ金網越しで枝被りの最悪な条件だったので仕方がないです
同じ状況ならCやNでも迷うでしょうね

チャンスを逃した思う事は

悔しいです!!(`皿´)

こういう場合は早々にMFに切り替えた方が正解ですね
DA★300mmはQuick-Shift Focus System(クイックシフト・フォーカス・システム)を採用していますので
AFーMFスイッチを切り替えなくてもMFに移行できます(半押しAFを切っておく事がポイント)
普段は存在自体を忘れてますが。。。こんな時には頼りになる機能です
これに親指AFをプラスすれば最強?

QSFSの有り難みを猛烈に感じる瞬間でした

ダイサギ

K20D + AF-NERIUS(NERIUS-100ED + レデューサー0.78×DGT【7878】 + F AFアダプター1.7X)
20101111_110544_007130_R.jpg
ダイサギ : コウノトリ目、サギ科、アオサギ属
大きめのサギでアオサギと同じくらいの大きさです
町中でも結構見かけるかな
白い大きなのが飛んでたら多分ダイサギです
等倍で切り出してみました
20101111_110544_007130_X.jpg
大きい鳥だと距離があっても羽毛が解像してます
小さい鳥をこの大きさで撮れたら最高なんだけどな~

望遠鏡でカワセミ

K20D + AF-NERIUS(NERIUS-100ED + レデューサー0.78×DGT【7878】 + F AFアダプター1.7X)
20101111_125936_007144.jpg
望遠鏡のAF化と写りのチェックで結構満足出来てきたので
カワセミのスポットまで行ってシェイクダウンしてきました
外に持ち出すのは初めてです
望遠鏡は望遠レンズ用のバッグ(レンズトレッカー)に入れ
三脚はチャリの前かごに入れ走りました。。。45分w
。。。カワセミ君、居て良かった(^^;

“望遠鏡でカワセミ” の続きを読む

ジョウビタキ♂

K20D + DA18-250mm[250mm F6.3 1/180 ISO100]
s20100315_123918_002347.jpg
とあるレンズを試写中ジョウビタキが近くにやってきました
警戒心が強い小鳥が近くまで来て嬉しいのですが、悲しかった
え!?何で悲しかったかって?
それは明日書きますw