PENTAX K20D

あ!!!

っと思って咄嗟に構えAFで狙ったらピントが合わない
さらに強引にシャッターを切ってみるとやっぱりボケボケ写真(苦笑)
よくある事です

K20D + DA★300mmF4ED[IF]SDM [300mm 1/1000 F5.6 ISO800]
ボケボケ1

数回AFを試すも同じ所を行ったり来たりでダーメダーメ

K20D + DA★300mmF4ED[IF]SDM [300mm 1/1000 F5.6 ISO800]
ボケボケ2

まあ金網越しで枝被りの最悪な条件だったので仕方がないです
同じ状況ならCやNでも迷うでしょうね

チャンスを逃した思う事は

悔しいです!!(`皿´)

こういう場合は早々にMFに切り替えた方が正解ですね
DA★300mmはQuick-Shift Focus System(クイックシフト・フォーカス・システム)を採用していますので
AFーMFスイッチを切り替えなくてもMFに移行できます(半押しAFを切っておく事がポイント)
普段は存在自体を忘れてますが。。。こんな時には頼りになる機能です
これに親指AFをプラスすれば最強?

QSFSの有り難みを猛烈に感じる瞬間でした

定価850,000円のレンズ

で月を撮ってみました

K20D + M★67 400mmF4ED[IF] [400mm 1/500 ISO800]
M★67 400mmF4ED[IF]で撮った月

高いだけあってなかなかの写りですが
薄雲がかかってたのでもう少し追い込めそうかな

(さらに…)

ミニチュア風加工

ミニチュア・ジオラマ風加工とは被写界深度が深く(パンフォーカスで)写るであろうって被写体を
被写界深度を狭くし目の錯覚で被写体が近いと思わせる錯覚を起こさせる加工で
フォトショップを使うと簡単に加工する事が出来ます

K20D + DA16-45mmF4ED AL [16mm F8 1/125 ISO100]

被写界深度とはピントが合っている様に見える範囲の事で
被写体に近いほど範囲が狭く遠くなるほど広くなり、そして広角になるほど広くなります
人間の目でも同じなんですけどある程度距離が有ると全ての範囲が見え
逆に近いと他の範囲が見えなくなりますよね

(さらに…)

ミニチュア風

最近写真を撮りに行かないので前に撮った写真で遊んでみました

K20D + FA31mmF1.8AL Limited [31mm F8 10sec ISO100]
ミニチュア

最近のカメラはジオラマとかミニチュアなどのデジタルフィルターが有りますが
そんな機能が無いカメラで撮った写真もPCで簡単に加工する事が出来ます
しかもPCで加工した方が自由度や完成度が高いYo

今度はミニチュア風加工方法について書いてみようかな。。。

花嫁とブーケ

偶には写真を載せないとね(汗)

先日載せた花嫁さんです

花嫁とブーケ
花嫁とブーケ
K20D + FA77mmF1.8 Limited [77mm F2.8 1/750 ISO200]

適当に加工してみましたが、こういうのもアリ
結婚式の写真などでピントを外すと撮り直しが出来ないのでガッカリしますが
この手法ならピンぼけ写真も救われる
アルバム作る時に表紙に使えばアートっぽい感じで良いな~