とりみんぐ

良い描写のカメラとレンズはピクセル等倍で切り出しても無問題です

★ピクセル等倍トリミング-長辺1024px
ヒヨドリ
PENTAX K-5 II s + FA135mmF2.8[IF] [135mm 1/350 F6.7 ISO160 ]

まあ、あんまりピクセル等倍で切り出す事は無いのですが前記事でAF微調整をしたのでテストも兼ねました(^^
いつもはトリミング後、縮小を掛けてます

★長辺1280pxトリミング→長辺1024pxリサイズ
ヒヨドリ
PENTAX K-5 II s + FA135mmF2.8[IF] [135mm 1/350 F6.7 ISO160 ]

やっぱ少しでも縮小した方が良いかな
それにしてもK-5Ⅱsはローパスフィルターが無いので余計なぼかしをしない分、解像度が高いですね~
こういった大胆なトリミングなどで使うにはもってこいのカメラです

[全景]
全景

全景では豆粒ですw
ピクセル等倍で見て画像が破綻しないのはレンズの解像度が良いという事
等倍鑑賞については某巨大掲示板で偶に話題になるといつも意見が分かれます
まあ考え方は人それぞれですけど、結構否定的(等倍で見るもんじゃないとか)な意見が多い
でも、ぱぱ的には1600万画素で撮ったら100%で見たいジャン!って思ってます
何よりピクセル等倍で見ても解像していると非常に気分が良いですよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://ice-tomato.com/archives/1525/trackback