アンパンマンつなげてロード

K20Dの高速連写を使い動画を作ってみました
K20D + D FAマクロ100mmF2.8 で撮影

制作作業はなんだかフイルムを切った張ったしている様で楽しいです
これって昔の8ミリみたいな感覚なのかな~?(使ったこと無いけど…)
たまにはこういうのもいいですね。
根気があれば長編も夢ではない!?。。。かな
続きは作り方を簡単に説明します


Adobe Premiere Elementsを使いファイルを読み込む時に
ファイル → メディアの追加 → 映像にしたい最初のファイルを選び
連番付き静止画にチェックを入れます
ファイルが読み込まれたらそのままだと秒コマ数の問題で映像が早送り状態になります
K20Dの秒コマ数は21コマなのでこれを秒30コマにしてやる必要があります
このコマ入れ作業を手作業でやるのは非常に大変なので当然ソフトに頼ります
読込まれたファイルを右クリックしフッテージ変換からフレームレートを21.000fbsにするだけ
これでソフトが足りないコマ数を計算して自動的にコマ数を増やしてくれます
変換したらファイルをタイムラインにドラッグしファイルから書き出しで任意の動画ファイルに書き出します
あとは出来た映像を再生してみて無事に再生できれば完成です
※使ったソフトのバージョンが1.0なので違うバージョンだと操作方法は変るかもしれません
ちなみに昔は映画からビデオにするのに秒コマ数が違う為えらい時間と手間が掛かったと聞きます
そのため映画ビデオが出るまでに1年位掛かり1本数万円していたのもうなずけます
DVDが数千円で販売されている現在は良い時代になったものですね
とまとぱぱのHP
http://www.ice-tomato.com/
とまとぱぱの写真の部屋
http://www.ice-tomato.com/TomatoPapa/syuminoheya1/album/album1.html
Tag : 映像 K20D D FAマクロ100mmF2.8 高速連写 玩具

コメント

  • おはようございます。
    映像作られたんですね!
    なんか、仲間が増えたみたいで、嬉しいです(笑
    前の記事の、モノクロポートレートも良いですね。
    私も、人物をモノクロで撮っていきたいと思います。

    2008/09/13 08:47 | sof

  • sofさん、こんばんは
    繋ぎ合わせてコマ入れをしただけですが動いている映像を見ると
    こんな映像でもちょっと感動しますね
    編集作業は時間を忘れて没頭しそうでヤバイです
    ポートレートのモノクロですが実は赤外線調を使っています
    なんか濃い色がしまって見える様な気がして気に入ってます

    2008/09/13 23:57 | とまとぱぱ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://ice-tomato.com/archives/112/trackback