マクロで色々 その3

接写が思いのほか楽しいのでもうちょっと続きます
無謀にも夜間の撮影を試みたのですが。。。ファインダーが真っ暗で何も見えない
K20D + D FAマクロ100mmF2.8 で撮影

勘で撮ってみたのですが何だか「撮った~!!」って気がしない
夜間のピント合わせ時には三脚とライトが必要ですね
とまとぱぱのHP
http://www.ice-tomato.com/
とまとぱぱの写真の部屋
http://www.ice-tomato.com/TomatoPapa/syuminoheya1/album/album1.html

コメント

  • たしかに、暗い中でのピント合わせは難しいですよね。
    GR Digital 2を持っているのですが、
    暗いと緑の光が照射され、ピント合わせが楽です。
    デジ一眼にも、補助光やライブビューで上手いこと対応してくれないかなぁって思います。
    でも、この写真は良いじゃないですか!
    なんか、むちゃくちゃ渋い緑の世界ですね。

    2008/09/08 23:11 | sof

  • sofさん、こんばんは
    書き忘れていましたが外付ストロボを使って撮影してみました
    一応外付ストロボにも補助光は付いてるのですがAF限定なので
    MF時でも補助光が使えるとありがたいんですけどね~
    でも接写だと補助光が被写体に当ってくれません(汗)
    ちなみに内蔵ストロボも薄暗い時に上げておくと補助光(?)が出ます
    こちらもAFを使うとき限定です
    とりあえず今度100円ショップで補助光になる様な物を物色してきます
    写真は全くの偶然と言うか何と言うかとにかくファインダー内が真っ暗なので
    カメラを横からみて前後に動かしながら何枚か撮ってみました
    同じ葉っぱでも昼と夜では写り方が変って面白いですね

    2008/09/09 01:39 | とまとぱぱ

  • 内蔵ストロボでも、上げとけば、補助光出るんですね(汗
    失礼しました。
    そうですね!確かに昼と夜で、
    雰囲気が全く変わり面白いですね。

    2008/09/09 02:11 | sof

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://ice-tomato.com/archives/107/trackback